介護保険受給者の実態

日本は既に『高齢化社会』ではなく、『高齢社会』の中を歩んでいます。
人口ピラミッドを見てみると分かりますが、65歳以上の方々が人口にしめる割合は、今も増え続けています。
そんな社会にあって、いくつもの問題を提起しているのが、『介護』に関する問題です。
介護に関する需要は今でも増え続けており、介護士が少ない、と言う現状も重なり、自宅に近い施設に、満足に入居できない、と言う高齢者も増えています。
そんな状況にあって、増えているのは、『介護保険』の受給者です。
介護保険とは、65歳以上の介護を要する人のために国が策定している補償のことであり、国民は40歳以上から、健康保険に加入している人はこの介護保険にも加入する必要があります。
介護保険の目的は、介護を必要とするようになった65歳以上の老齢者が、平等に介護を受けられるようにする、というものがあります。

では、一体どのくらいの補償を受けることができるのでしょうか。
また、保険料はどのくらいの金額を支払えば良いのでしょうか。
既に加入している年代の方は分かっていらっしゃると思いますが、まだ介護保険に加入する年齢でない皆さんに、介護保険について、このサイトから大まかなことを知っていただきたいと思います。
また、この国が持つ介護関係者の不足問題や、介護疲れ問題などに関して、興味を持っていただける機会となれば、と思います。
最初に、介護保険の保険料について考えてみましょう。